AWSのクラウドが適した利用方法

サーバを利用する際には、AWSのクラウドを利用するか、それともオンプレミスで行うのかというのは難しい判断ですが、あきらかにAWSのクラウドを利用した方が良いケースがあります。まず、小規模な組織での利用です。



たとえば小さい会社なら、サーバを導入したとしても、それをフルに活用することができない場合もあります。



ちょっとした利用であれば、コストの割に効果が出ないと言ったこともあり得ることです。

このような場合、AWSのクラウドで運用をすれば費用対効果はかなり高くなると考えられます。



一時的なサービスにも適していると言えるでしょう。



短期間だけ利用したい場合に、サーバを導入するのは高コストになります。

一定期間だけのキャンペーンを張るときなどには、そのためだけにサーバを導入するよりも、従量制で料金を支払った方が良いと考えられます。
また、従量課金であると言うこともありますから、容量が大きかったり回線を多く利用したりするサービスには適していないと考えられます。



AWSのクラウドはいろいろなものに用いることができますが、すべての場合にオンプレミスよりも優れているわけではありません。



利用が適しているのかどうかをまず考えるべきでしょう。



優れた点はたくさんありますから、結果としてAWSを利用することになる場合も多いとは思いますが、そうではない場合には、別のパブリッククラウドを利用することや、あるいは専用サーバをも利用するなどの方法も検討するべきなのです。



関連リンク

スピーディな市場にAWSのクラウド

インターネットでのビジネスではスピードが求められることが多いです。一つの作業に何日もかけていると、顧客離れを起こしてしまう可能性は高くなります。...

more

AWSのクラウドが適した利用方法

サーバを利用する際には、AWSのクラウドを利用するか、それともオンプレミスで行うのかというのは難しい判断ですが、あきらかにAWSのクラウドを利用した方が良いケースがあります。まず、小規模な組織での利用です。...

more
top